250CC以下のバイクは車検は必要ありませんが、自賠責保険は強制保険になっており、加入の義務があります。

加入せずにバイクを運転すると違法であり、50万円以下の罰金か1年以下の懲役が科せられ、違反点数も6点なので1回で運転免許停止になります。

新規にバイクを購入したときには必ず加入しますが、車検がないので保険の更新を忘れてしまう、というケースもあるので注意が必要です。

 

自賠責の補償ってどんな感じ!?

この自賠責保険の補償内容は対人賠償だけであり、対物は含まれていません。

また、対象になるのは運転者以外の同乗者、または事故の相手側であり、運転していた本人の負傷、あるいは死亡した場合の補償はありません。

これはバイクという乗り物の特徴によるもので、自動車のように運転者が車体で保護されていないので、事故が起きたときに本人が負傷したり死亡する危険性が高いです。

バイクは二輪であるため転倒したことで負傷するケースも少なくないため、対象から外されています。なお、法律で定められた保険なので、どの会社で加入しても保険料は同じです。

このことは原付自賠責保険も同じで絶対に入らなくちゃならない保険です。
原付だから自賠責は不要だと思ってる人いたらそれは間違った認識です。

原付だろうと、自賠責保険は強制保険です。

 

自賠責保険に加入しよう

自賠責保険は、基本的にインターネットやコンビニを利用することで加入することが可能です。ネットが便利なことは言うまでもありませんが、コンビニでも入れちゃうってのが良いですね。

本当に便利な時代です。

 

原則として、自賠責保険は強制加入であるため法律的な加入義務が存在しますがどの会社の保険に入るのかは本人の自由ですので、きちんと申請に必要になる準備をしておくことが求められます。

コンビニで入るには

コンビニでバイクの自賠責保険への加入を考えている人は、設置されているマルチコピー機を利用して申込を行います。

 

これは24時間365日利用できますので便利です。

 

申請を行うと証明書を受け取ることができますので、これを保管しておきましょう。

インターネットで申請をする場合には予約申請を行うことを前提として取引を行います。

コンビニに行ったときにどうやって申込するのか考える手間と余計な時間を短縮できるため、自賠責保険加入手続きを少しでもスムーズにおこたいと感じる人は、こうした方法で予約をしておくことで店舗で余計な時間を使わずに済むようになります。

 

こういったちょっとした工夫をすることで、時間を効率的に使うことができます。是非予約してからコンビニへGOしましょう!

保険料の支払いに関しては別途きちんと手続きを行って支払うことになりますので、必要なものを準備しておくことが大切です。

更新日:

Copyright© 自賠責保険はバイクだって強制保険なんだ , 2018 AllRights Reserved.